PARTYにて

「江の島行」

戯曲組の第2回公演が既に情報公開されております。

観劇チケットと配信チケットをご用意しました。
特に配信チケットは「あなたの行きたい場所へ行けるかもしれないチケット」と銘打ってみました。
あなたの行きたい場所はどこですか?
「江の島」へ行きたい私、「モンサンミシェル」へ行きたいあの人。行きたい場所は違うけれどどこか似ている。
この電車はどこへ向かって走っているのだろう?私たちに帰る場所はあるのだろうか?メーテルリンク「青い鳥」や唐十郎「秘密の花園」へのオマージュとして書かれた作品を上演。
舞台美術には似て非works様にご協力をいただいております。

会場でのご観劇の皆様には電車の車両をイメージした空間で乗客となって演劇体験をしていただけます。限定10枚。
寒いので暖かい服装でおいでください。

カンフェティにて発売中です。是非。

https://www.confetti-web.com/search_result.php?search_text_post=gikyokugumi

出演渡辺梓 / 渡邊りょう / 内山由香莉 / 田中玲 / 松本圭世 / 瀧本禎之 / 河田剛
スタッフ脚本・演出: 吉村元希 / 音楽: 小滝みつる / 音響: 笠原彰二 / 主題歌: NORO / 配信: 川上ルイベ / 舞台美術: 稲吉稔 / 舞台制作: 似て非works / 制作協力: 秋津ねを(ねをぱぁく) / 主催: 株式会社小虎
公演スケジュール<期間>
2020年11月29日 (日) ~2020年12月6日 (日)

<公演日・開演時間>
[配信期間]2020年11月29日(日)15:00~12月6日(日)15:59

台本「江の島行」について
女とはこうあるべきという目には見えない圧迫を、女性自身も意識することが出来ずに漠然とした生きづらさだけを抱えている現代の女性達。
誰しもが幸せを追求することが出来ると言われながら、なにが幸せなのかも分からない。
けれど、ここにはもういたくない。
「江の島」というキーワードは、「ここではないどこか」へ逃れたいという、生きづらさを象徴している。
折しも、緊急事態宣言が出されるときに、人々は江の島に殺到した。
やはり、誰しもが、男女問わず「ここではないどこか」を求めているのだろう。
女性の生きづらさの問題は、女性だけの問題ではないのだ。
この作品では3人の女性が自身の生き方を模索する姿を描き、またそこに立ちはだかるクジャク男という人物は「見えない圧迫」を、運転士は「男性らしさを脱ぎ捨てた新しい男性」を象徴する

【その他注意事項 】

会場はビル屋上となりますので、暖かい服装でお越しくださいませ。

会場にて観劇されるお客様へ〜感染予防対策についてのご案内〜
●ご自身の健康状態をチェックし、少しでも不安要素のある場合はご来場をお控えください。

●風邪の症状や 37.5°C前後の発熱、咳、倦怠感や息苦しさ、味覚や嗅覚の異常がある場合はご来場をお控えください。ご来場時の検温にご協力をお願い致します。
37.5°C以上の方はご入場をお断りしますのであらかじめご了承ください。

●受付・入場時の列整列にご協力ください。

●ご来場時の情報の記録にご協力ください。

●こまめな手洗いや消毒など可能な限りの感染予防策にご協力ください。
ご用意する手指消毒薬などもご活用下さい。

●ご来場の際はマスクを着用してください。

●演出の都合上、マスクを外して演技を行います。
本公演はお客様もご参加頂けますが、マスクはご着用の上、ご参加くださいませ。

●出演者の面会はおこないません。
感染のリスクをできるだけ減らすため、出演者との面会はおこないません。

吉村元希について(「江の島行」作/演出)
映画監督として国内外の映画祭で評価を受けている。
脚本家としては、吉永小百合主演、坂東玉三郎監督の映画「外科室」テレビアニメ「セーラームーンスーパーズ」「デジモンアドベンチャー」「ブリーチ」「テニスの王子様」など。
俳優として「深夜食堂4」「女囚セブン」などに出演。

戯曲ジョッキー

「戯曲ジョッキー」始めます!

5月9日13時より、ディスクジョッキーならぬ戯曲ジョッキー始めます。
こちらのチャンネルでライブ配信します。アーカイブするかどうかはまだ未定です。戯曲をセレクトして、それを数人で読み、その戯曲について知ってることや感じたことを参加者で話します。

第1回目は「人形の家」イプセン作/毛利三彌訳
この度成城大学名誉教授の毛利三彌先生のご厚意により、あまりにも有名なこの戯曲を読ませていただくことになりました。
イプセンについて、「人形の家」について、…有名だってことは知ってるけど、本当のところよく知らない…取りあえず読んでみてから考えよう!というのがこの「戯曲ジョッキー」です。知らないことや分からないことは素朴に質問してみよう。なので、配信中にTwitterアカウントにリプをいただければ可能な限り質問を受け付けます。参加者皆で考えたいと思います。
事前にを買って、配信と一緒に読む!というのも楽しいですよ。

人形の家 近代古典劇翻訳〈注釈付〉シリーズ [ ヘンリック・イプセン ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/5/5時点)

そして、なんと、ゲストをお迎えすることになりました。
第1回目のゲストは下総源太朗さんです!
【下総源太朗さんご紹介】エンパシィ所属/城西国際大学講師
1989年より犯罪や事件ものを上演する劇団『転位・21』に参加。 連続幼女誘拐殺人事件を題材にした「骨の鳴るお空」に主演(宮崎勤役)し注目を集める。 1993年に劇団『燐光群』へ移籍し、社会問題をテーマにした数々の作品に出演。 約20ヶ所以上にも及ぶ海外公演も経験している。

司会は【戯曲組】その4である吉村元希です。

可能な限り続けていこうと思っています。多分、毎週同じ曜日の同じ時間です。
「楽に楽しく」を目指しているので、草臥れたら時々お休みするかもです。
…でも本当は、皆そうだと思うけど「戯曲ジョッキー」が必要なくなる日が早く来ることを望んでいます。

P.S. 今回「人形の家」を読ませて頂くことになったのは、本当に皆さんのご厚意によるもので、ある意味、偶然です。ところが今回司会を担当する”その4”の曾爺さんの妹が、実は日本で「人形の家」のノラを初めて主演した女優なのです。日本の新劇の礎になった人々から応援して貰っているに違いない!と前向きに勘違いしてこのまま突き進みたいと思います。

2020-05-09T13:00:00

 

  時間  

次まで :

戯曲ジョッキー

PARTYのお知らせ

「READINGPARTY」

2019年8月20日19時・21日14時/19時・ 22日14時
会費 2000円

新美南吉 作「ごんぎつね」
 出演・竹下楓花
R.D.Laing 作「好き?好き?大好き?」
 出演・まつばら冬真 松原健太 竹下楓花
吉村元希構成「忘れ難きことども~命と思ふ恋~」(松井須磨子『忘れ難きことども』より
 出演・三浦知之 吉村元希
岸田國士 作「葉桜」
 出演・紀那きりこ 吉村元希

制作 松原冬真 照明 鈴木一希 企画 戯曲組 主催 株式会社小虎

場所 こった創作空間

私たちのREADINGPARTYで、役者の七転八倒をご高覧ください。
お飲み物をご用意してお待ちしております。

ご予約はこちらから
https://www.quartet-online.net/ticket/gikixyokugumireadingparty

お問い合わせ 戯曲組  gikyokugumi@gmail.com